2018年03月03日
627 Views

学生のうちからプログラミングを学ぶべきなのか?

タグ:

最近、プログラミングを学んでいる学生が多い(ように思います)。
プログラミングが難しいものと思われていた一昔前からは完全に流れが変わりましたね。
しかし、大学生のうちにプログラミングを学ぶ意義はあるのでしょうか。

やればやるだけ身に付く技術力normal

プログラミングはやればやるだけ身につきます。

当団体のメンバーでも、初めて半年でミスコンミスターコンのHPを作成しました。(HTML,CSSがプログラミングかどうかはさておき)

なので、学生のうちにプログラミングを学んでおくと、社会に出てから大きなアドバンテージになります。

スポンサーリンク

自分でサービスを作ることが出来る

プログラミングができれば、作りたいサービスをリリースできます。やりたいことを自由にできるっていいですよね。うまくいくと、広告収入も手に入って、アルバイトをしなくてもお金が入ってくるというお得な状態にできます!

技術があれば就活に困らない

現在エンジニアは社会で引く手数多です。

スクリーンショット 2018-03-03 15.31.50
LINEの新卒採用ではエンジニアの初任給は約500万円~(年)

スクリーンショット 2018-03-03 15.34.10
リクルートは月給約50万円+ボーナス

スクリーンショット 2018-03-03 15.36.55
ヤフーは年収約650万円~くらいですね。

高い報酬を出してでも欲しいくらいエンジニアは需要があるんですね。

やるとしたらどの言語?

さっと調べてみたところ、言語別の世界平均年収が掲載されていました。

言語 年収
Scala 626万円
Python 601万円
Kotlin 577万円
Go 571万円
Swift 562万円
Ruby 562万円
Java 552万円
Perl 551万円
C言語 538万円
JavaScript 536万円
PHP 522万円

プログラミングに触れたことがない方からすると、知らないものばかりでしょう。
一体何を選んだらいいんだ!
そんなあなたは是非Unitusへ!
という気持ちもありますが、まずは何を作りたいかを考えるべきでしょう。
たとえば、iPhoneアプリを作りたければ、Swiftという言語を学ぶ必要があります。
作りたいものが何なのか決まれば学ぶべき言語も自ずと決まってきます。
そして一つの言語を学べば、他の言語もある程度学びやすくなりますので、まずは最初の1つを頑張って極めましょう!

わたしたちUnitusではプログラミングを学ぶメンバーが多くいます!

興味があれば是非お声掛けください!

スポンサーリンク

合わせて読みたい