2016年09月12日
243 Views

己を知ってパフォーマンスを高めろ!Unitusみんなで『VIA-IS』をやってみた

タグ:
VIA-IS
やってみた
理科大

こんにちは、ムライです!
先日、己を知ってパフォーマンスを高めろ!『VIA-IS』で精神分析してみたと銘打ってVIA-ISを紹介させていただきました。皆さん、精神分析してみましたか?結果はどうだったでしょうか。希望のないまま学び続ける学畜ではなかったことを切に願います。
さて、実際にVIA-ISに取り組んだ皆さんの中にはこう思った人もいるのではないでしょうか。

「自分の精神的な性質がどんなものかはわかった。だけど、これって他の人と比べてどうなんだろうか?」

自分もそう考えました。そこで、Unitusメンバー全員に声をかけ、VIA-ISに取り組んでもらいました!

UnitusメンバーのVIA-IS診断結果

今回は、Unitusメンバーの強み・弱みを集計したものを公開しようと思います。
ここでは、1〜5の結果のものを強みとして各1票、20〜24の結果のものを弱みとして各1票で集計しました。

それでは早速、Unitusメンバーの強みから見ていきましょう!

項目 票数
親切心 21
好奇心 18
公平さ 14
誠実さ 14
知的柔軟性 12
思慮深さ 12
愛情 11
審美眼 10
スピリチュアリティ 9
創造性 8
感謝 8
リーダーシップ 7
ユーモア 7
寛容さ 7
忍耐力 5
向学心 4
勇敢さ 4
希望 4
熱意 2
自律心 2
社会的知性 2
大局観 2
チームワーク 2

なるほど、好奇心が強いメンバーが多いのは想像の通りでした。
しかし親切心が強いメンバーが多いというのは意外でした!(必ずしも日頃メンバーの親切心を感じていないというわけではありません。)
そして、公平さ、誠実さが強いメンバーが多かったのも意外でした。(必ずしもメンバーがいつも不公平で不誠実というわけではありません。)

それでは次に、Unitusメンバーの弱みを見てみましょう!

項目 票数
大局観 18
自律心 17
熱意 16
創造性 13
社会的知性 12
慎み深さ 11
寛容さ 9
ユーモア 9
忍耐力 8
審美眼 8
向学心 8
勇敢さ 8
思慮深さ 7
希望 6
慎み深さ 6
スピリチュアリティ 5
リーダーシップ 4
愛情 4
チームワーク 4
感謝 4
知的柔軟性 2
公平さ 2
誠実さ 2
親切心 1
好奇心 1

大局観がなく、自律心がなく、熱意もないという集団だと…!?
(これだけ聞くと、まるでどうしようもないダメ集団のように聞こえてしまうのは気のせいでしょうか…)

一般的な日本人のVIA-IS診断結果

とはいえ、弱みを恥じることはないのです。強みと弱み、それぞれを把握することが何より大切なのです。
実際にUnitusという団体にどういった傾向があるのかを知るために、日本人全体の傾向を表した表を以下に掲載したいと思います。

ちなみに、この表の出典は理科大の経営学部経営学科の授業「アントレプレナーシップ入門・概論 第3回講義」内の資料であり、理科大経営の皆さんは授業内で実際にVIA-ISを解いてみたそう。アントレプレナー=起業家は、自己認識を強く持つことが重要という考え方だそうです。
では、実際に見てみましょう!(これは得票数ではなく、順位の一覧表です。)

項目 順位
感謝 1
親切心 2
公平さ 3
愛情 4
希望 5
知的柔軟性 6
ユーモア 7
誠実さ 8
社会的知性 9
審美眼 10
忍耐力 11
向学心 12
リーダーシップ 13
チームワーク 14
思慮深さ 15
勇敢さ 16
慎み深さ 17
創造性 18
寛容さ 19
自律心 20
大局観 21
熱意 22
好奇心 23
スピリチュアリティ 24

日本人の強みは、一般的には「感謝」「親切心」「公平さ」「愛情」「希望」の5つ。日本人の弱みは、「自律心」「大局観」「熱意」「好奇心」「スピリチュアリティ」の5つ、といえるよう。

この表と比べると、なるほどUnitusメンバーは「親切心」「公平さ」「誠実さ」「知的柔軟性」の部分は多くの他の日本人と共通していますが、「好奇心」が強みとなっていることはやはり特記項目に値しそうですね!!!

そして弱みに関しては、「大局観」「自律心」「熱意」があるのは多くの日本人の傾向と一致します。「創造性」「社会的知性」に関しては一際弱みとして目立っている部分になりそうです。

しかし、日本人の傾向として弱みになりがちな「スピリチュアリティ」を、Unitusの多くのメンバーが強みとして持っているということも個人的には面白いなと感じました。ちなみに、スピリチュアリティについては、

スピリチュアリティ [宗教性、信念、目的意識]

より高次の目的や、森羅万象の意味について、一貫した信念を持つ。より大きな枠組みの中で自分がどこに適するのかを理解している。有意義な人生について信念を持っており、信念に基づき行動し、やすらぎを感じる。スピリチュアリティを強みとするあなたは、より高次の目的や、森羅万象の意味について、強く一貫した信念を持っています。あなたは自分がより大きな枠組みの中でどこに位置するのかを理解しています。あなたは信念に基づき行動することで、やすらぎを感じます。

とのこと。信念を持って行動できる人が多い、というポジティブな結果を得ることができました。

VIA-ISをUnitus全体でやってみて

今回メンバーの精神分析の結果を収集したことで、Unitus内でチームを組む際などに参考にできるデータが増えたと言えそうです。
そして、Unitusメンバー全員からデータを集計したことで、自分が強みとして持っている精神的要素が集団としてどのような価値になりうるかを明らかにすることができたと思っています。
この結果を自覚した上で、今後の活動の参考にしていきます。

個人的にもう少し掘り下げてみたいのは、この結果が「Unitusという団体の傾向」なのか、「理科大生の傾向」なのかをまだ追求できると思っています。これはUnitusという団体はメンバーに理科大生が多いから、ということです。理科大生の皆さんは是非VIA-ISで診断してみて、是非とも私たちのオフィスに結果を持って遊びに来てください^^

そして大局観、自律心、熱意、創造性、社会的知性を強みとして持つ皆さん。Unitusの仲間になってくれる日を楽しみにしています!ぜひご連絡を(笑)

合わせて読みたい