2016年10月24日
5839 Views

理科大アンサイクロペディアがどこまで事実か検証

タグ:
アンサイクロペディア
理科大ネタ

理科大生であればおそらく見たことがあるであろうアンサイクロペディア
一見根も葉もない事が書かれているようで
「結構当たっている」などと耳にすることも。
実際にどれくらい信じていいのか検証してみます。
(あくまで個人調査なので、実際と異なっていても温かい目で見守ってください。)

伝説1.平日フルコマは当たり前で土曜日には補講

事実
これは学年によりますが事実ではないでしょうか?
少し補足をすると、土曜日は補講ではなく、通常授業や教職のための授業がある気がします。

伝説2.土曜日に必修固定

事実
夜間あるあるですね。
夜間では事実。

伝説3.講義中に寝ていると「起きろ!」と言われて殴られる

事実
そういう先生もいるでしょう。寝ていても無視する先生も勿論いますよね。
ただ、殴るまで行くかというと、最近は体罰などと騒がれるので、そこまでは行かないはず。

伝説4.教授が出張で授業できないのでテストを行う

事実
はい、私経験済みです。TAが試験官でした。

伝説5.教授が講義前に「最近の学生はレベルが低い」といった学力低下に対する愚痴を言う

事実
はい、私が受けた授業の先生は言っていました。
「理科大は一流大学じゃないですからね。しかも最近の学生はレベル低いんだから皆さんは二流、三流程度ですよ。」
とほぼ毎週言っていました。

伝説6.試験範囲を言うだけで学生が泣いて謝る


謝りはしません。裏でディスるだけです。

伝説7.試験科目数は両手で数え切れない

事実
え?それ普通じゃないの?
私は1年の前期で試験科目19でしたよ?
両手両足でギリギリ足りました。

伝説8.過去問が役に立たない

事実
正確には役に立たない科目もある。
過去問がないと詰む科目もありますよね笑

伝説9.教授が自信を持って過去問を配る

事実
配る教授いますね。そして本試験では全く使い物にならない。

伝説10.カンニング防止のために、定期試験ではTAを大量投入

事実
大量かどうかは別として、数名確実にいますよね。
何か報酬があるのか、カンニングを見つけようと必死になっている気がします。

スポンサーリンク

伝説11.再履修の教室が大混雑

事実
いやもう当たり前すぎて伝説でも何でもない。

伝説12.あまりにも再履修者や再々履修者の数が多いので、普通のクラスとは別に「再履修者用クラス」が存在する

事実
いやもう当たり前すぎて伝説でも何でもない。

伝説13.いきなり教授がクリスマスはニュートンの誕生日なのでニュートンの誕生日を祝いましょう!と言い始める

事実
ニュートンとは言わないが、偉大な科学者の誕生日や命日だったら教授はその話をする。

伝説14.クリスマスイブは朝から実験をしてすごす

事実
私はテストがあった時もあります。

伝説15.正月、冬休みは全てテスト勉強

事実
天才はやらないのかもしれないですね。(白目)

スポンサーリンク

伝説16.学期末でもないのに留年

事実
出席数だったり中間テストの結果だったりで関門科目落単決定なんてないわけじゃないですよ。

伝説17.遊ばなかったのに留年

事実
まあ、偶然関門科目落とせば留年なんで。

 

伝説18.1年次に留年するなんてザラ、2留することも

事実
よくある話です。

伝説19.あまりに留年しすぎるから就活でも0留扱い

事実
二留までなら話のネタ。

伝説20.その内定者も留年

事実
卒検で落ちるなんて話もあるので、事実ですよね。

伝説21.Aを狙ってやっとC(もしくはD)

事実
人によってはそうなのかもしれないですが、一概には言えないです。
これは他校も同じだと思います。

伝説22.成績発表を確認してAを取ったと思ったら、一ヶ月後にD(不可)に変わっていた

事実
フォロワーの方から事実だとの情報をいただきました。

最初の成績発表だけでは信じちゃダメですね。

伝説23.コピペ防止のため、レポートは手書きかつA4で最低10枚以上は書かないと評価の対象にならない

事実
手書きじゃないとダメってのはたまに聞きますね。(どこまでローテクなんだ)

伝説24.並の学生が書いたレポートはほぼ確実に再提出

事実
2年のとき、提出者全員が再提出だった時があったのはいい思い出。

伝説25.そのため、過去問ならぬ「過去レポ」なるものが存在する

事実
あったあった笑

伝説26.夜になっても実験が終わらない

事実
『実験結果が出るまで帰れま10』があると聞きます。

伝説27.実験中に先生が女子生徒の周りをウロウロする

事実
よくいる。

伝説28.「理科」って名前がつく大学なのにやっと出席が電子化(それまでは紙の出席カードに名前を書いていた)

事実
今でも紙の出席カード使っている教授いますよ。

伝説29.理科大ミスコンは学生の間では「理科大miss(失敗)コン」と呼ばれている

事実
昔はよく言われてたとか。最近はレベルがかなり上ってきたとか。(聞いた話ですけど)

伝説30.2012年度の理大祭ではとうとう「男の娘コンテスト」が開催されることになった

事実
今や恒例ですよ。

 

伝説31.教授には君たちのレポートを読むのは生理的に苦痛だといわれる

事実

はい、言われたことあります。

伝説32.教授に君のレポートは0点ですらないといわれた

事実

「これでよく提出する気になったね。」

と言われたことがあります。つまり0点ですらない?

伝説33.「理科」って名前がつく大学なのに教授が全員の名前を呼んで出席を取る。(約10分掛かる)

事実

ご年配の教授の授業で何度か経験しました。

伝説34.重要な連絡事項を長期休暇中でも掲示

事実

今はCLASSで流れる(ものもある)けど掲示版にしかないものもあり、たしかに不便。

伝説35.時には一限開始10分後に休講連絡

事実

はい、経験しました。なぜ早起きしたんだよって気分でした。

伝説36.授業終わっても休講連絡が入んなかった授業がある

事実

はい、経験しました。先生が出張でいなかったのに、休講連絡していなかったからだったらしいです。

伝説37.合言葉は「しょうがないよ、理科大だもの。」

事実

コミュ障だ、しょうがないよ、理科大だもの。

男が多い、しょうがないよ、理科大だもの。

等等は良く使います。

スポンサーリンク

伝説38.ある必須の授業では80人近くが再履修となり、教室が超満員のため立って授業をうけることになる

事実

経験しました。2回目から教室変更になりました。噂によると経営学部の授業では、1教室で足りないから2教室で動画ストリーミングしている授業があるとかないとか聞きました。

伝説39.留年、再受験等で年に友人が10人消えていく

事実

私の周りは両手両足で数え切れない友人がいなくなりました。ただ、友人が10人はいない人もいるかもしれないので、人次第としか・・・

伝説40.たとえ自分が進級できても周りが進級できないため孤立する

事実

ストレートの自分が異端に感じてしまいます。

伝説41.テスト期間中には食堂で勉強する学生が大量発生し、食堂のお兄さん噴火寸前

事実

一応食堂は食事以外の利用禁止みたいなので。

伝説42.前期の成績が後期に入っても公表されない

事実

後期になって2週間くらいして結果が出ました。

セミナーハウスなんかはこのタイプだと思います。

伝説44.某研究室では休日が無い

事実

必ず研究室に人がいないといけない研究室もあるので・・・

伝説45.某研究室では徐々に学生が減っていく

事実

むしろ理科大あるあるの気が・・・

伝説46.アンサイクロペディアのことが冗談だと思っていたら全部本当だった

全部ではないですよね。ただ、信憑性が高い・・・

伝説47.行政指導が入ったがいまだ犠牲者は後を絶たない

事実

あまりにも留年者が多く、指導が入った過去はあります。その結果、現在のように留年率は低くなっています。

伝説48.教授が授業に来ない

事実

TAや研究室の院生が授業していた時もありました。

伝説49.TAに質問するとggrksが返ってくる

事実

まず自分で調べてって怒られました。

伝説50.余りにも留年が多いのは大学の収入源である学費を留年させる事によって単価を上げているのではないかと言う疑いを持たれている

事実

理科大の財政はそこまで良くないのでよくこの話題は出ています。

 

おお・・・
結構事実が多かった。
アンサイクロペディアの伝説はほぼ事実でした。
今後も残りの項目を検証していこうと思います。

参照:アンサイクロペディア

スポンサーリンク

合わせて読みたい