2016年10月19日
271 Views

Unitus UI/UXコース

タグ:
UI
Unitus
UX
コース

皆さんこんにちは、外は寒いのに心は暖かいと勝手に思っているRenrenです!
さて、さっそく本題に入りますがUnitusには以下の4つのコースがあります。
・エンジニアコース
・UI/UXコース
ゲームコース
マーケティングコース
おっと!?
まだエンジニアコースとUI/UXコースが記事化されていない…だと!?
それではUnitusの本当の真の姿を知ってもらえないではないか…
と気づいてしまったんだな、これが(笑)
ということで、今回はUI/UXコースについて記事を書きたいと思います!!
因みに僕はマーケティングコースなので、UI/UXの皆さんに遠慮なく突撃してみました!(迷惑)

UI/UXとは?

UI:(User Interface)/UX:(User Experience)はデジタル機器/システムに対するユーザーの見方に影響を与えるようなアーキテクチャやインタラクションモデルの生成に関する手法である。「製品とユーザーのインタラクションのあらゆる面、すなわちどのように気づかれ、学ばれ、使われるのか」をその適用範囲とする。(Wikipedia 参照)

ちょっと説明が難しいですね。
簡単に説明するとホームページを見る皆さんがどのようなデザインなら使いやすいか?
ということを考えてページのデザインをプログラミングを駆使して表現することをメインに活動するコースです!
できるようになってくると動きがあるページを作成することも可能になるようです。

Blogのアバウトページ作成者に聞いてみた!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-20-09-39
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-20-13-16

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-20-13-30

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-20-13-43

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-20-14-40

ページはこちら

私にとって、Unitusアパウトページを作成するにあたって大変だったところは、Membersの欄にある六角形(これはPCサイズのウィンドウでしかみられません(笑))を作ったことです。Studyの欄やデザインについては綺麗にできました!
このページを作るにあたって先輩から学んだUI/UXの内容が役に立ちました!
このページ担当を任せてもらえてよかったと思っています。

UI/UXのリーダーの声を聞いてみた!

UI/UXコースは、デザイン的な感性とともに、それを正しくコードに起こす術を学びます。
HTMLやCSS、jQuery(javascript)は「できる」の範囲が広いため、
0から1は誰でもできますが、1から100は人によって満足する域が違うため、バラバラです。
また、形にするのは無理矢理にでもやればできてしまうので正しいと言われる書き方を教えるのも目的の一つです。
感性が育てば、他のことにも活かせるので、UI/UXコースのみんなには是非頑張ってほしいと思っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ページを作るというだけでは、使うユーザーの立場に立った時に使いにくくあまり利用されないページになってしまう恐れがあります!
そこで、UI/UXコースはユーザーに利用してもらいやすくするためのデザインを作る!そのデザインはとても大切な要素です!
僕もこの記事を作成する上でのインタビューでとても勉強になりました。
これからのUI/UXコースの皆さんの今後の成長が楽しみです!
Unitusのさらなる発展のためにUnitusのみんなと僕も成長していきたいと思います!

合わせて読みたい