2018年07月24日
208 Views

第三回WEBマーケティング勉強会

タグ:
WEB広告
WEBマーケティング
勉強会

先日第三回WEBマーケティングベ勉強会を開きました!
今回はそちらで勉強した内容を書きます。

目次

  1. 前回の記事で書いた配信設計の説明
  2. 広告ランクについて
  3. TDについて
  4. KWについて

1. 前回の記事で書いた配信設計の説明

あの予算配分は何? なぜあの予算配分にしたかというと、 例えばリスティングで80000円分配信すると、 CPCが100円だとしても800クリックしかない。 って事はリマーケティングでアプローチできるのはその800クリックの人達 リマーケティングのクリック単価が70円だとしてその人たちにアプローチしたとしても5600円分の配信しかできない。 って考えで、リマーケティングの予算は5000円にしました。 指名系に関しては、これもCPCが50円だとしても、 10000円だと200回クリックされないといけない。 って事で、とりあえず5000円で考えて様子を見てみて、 配信量増えそうだったら予算割合増やしてみるという事にしました。

2.広告ランクについて

広告ランクとは 広告ランクとは、広告掲載の有無を決めたり、掲載位置を決めるのに使われます。 入札単価、オークション時の広告品質、広告ランクの最低基準、検索状況、広告表示オプションの見込み効果などの要因の組み合わせによって決まります。

オークション時の広告品質とは オークション時の広告品質とは、 オークション時の推定CTR, 広告との関連性,LPの利便性などによって決められます。 推定CTRとは 空いてCTRは、検索語句、端末の種類、オークション時のその他の要因に基づいて決められます。 広告との関連性は、そのKWと広告がマッチしているかどうかに基づいて判断されます。 LPの利便性とは LPの利便性は、LPの読み込み速度や、コンテンツの内容、LPの透明性などに基づいて判断されます。 こちらに詳しく書いてあります。https://support.google.com/adwords/answer/2404197 注意! 勉強していると、品質スコアというものが出てきて、 オークション時の広告品質と、品質スコアは似て非なる物なのでご注意してください! よく、広告ランク = 入札 × 品質スコア とうたっているサイトを見るのですが、こちら間違いですのでご注意ください。 詳細はこちらから。https://tec-obs.com/web/ad-rank-x-quality-score-is-mistake

3. TDについて

TDとは TDとは、Text Description の略称で、いわゆる広告文のことです。 今回は、Googleリスティング広告の拡張テキスト広告のTDを考えて貰います。 ここで、TDをどうやって考えるか書いていきます。 以下3つを考えます。 ・LPとの関連性 ・検索語句,KWとの関連性 ・入稿規定

LPとの関連性 そもそもその広告ってLPと関連してる?過大広告になっていない?という所を考えます。 例えば、広告がめっちゃ良くて、CTRが高くても、LPに入ったら広告と言ってることが全然違う!なんてなると CVRはめちゃめちゃ低くなり、クリックをたくさんされてお金をたくさん払っているのにCVが少ない!っていう状況になってしまいます。 なので、広告文はLP内の文をうまく使うのがほとんどです。そちらの方が関連性も上がり、この関連性はLPの利便性にも繋がり、結果として 広告ランクも上がります。

検索語句,KWとの関連性 ユーザの検索語句とマッチしてる?全然関係ないこと言ってない?という所を考えます。 これを考えるためには、どんな語句で検索するユーザに対してアプローチするのかを考え、 その語句を盛り込むことで関連性が上がります。また、検索語句がTDに入っていると、 広告が表示されるときにその検索語句が太字で表示されるので、CTRも高くなります。

入稿規定 入稿規定は、広告文のルールの事で、文字数や、使っていい記号や表現などがあります。 媒体によって規定は異なるのですが、Googleの拡張テキスト広告の場合は、

文字数 タイトル1 30文字(半角1文字,全角2文字) タイトル2 30文字(半角1文字,全角2文字) 説明文 80文字(半角1文字,全角2文字)

記号 タイトルに「!」とかの感嘆符を使ったらダメとか、 説明文でも「!」を過剰に使うのもダメ!とかhttps://support.google.com/adwordspolicy/answer/6021546?visit_id=1-636654978385144860-2137257602&rd=1

 

4. KWについて

KWにはマッチタイプというものが存在します。
マッチタイプとは、検索語句とKWがどのように一致した時にオークションに参加するかというものになります。
完全一致,フレーズ一致,絞り込み部分一致,部分一致の4種類あり、
完全一致から部分一致になるにつれて、検索語句に対しての広告表示が多くなります。

完全一致は、登録したKWが登録されている順番、かつ登録されているKWのみで検索されていたら反応します。
フレーズ一致は、登録したKWが登録されている順番で検索語句に含まれていたら反応します。
絞り込み部分一致は、+をつけて絞り込んだKWは、関連する語句では反応しなくなります(表記揺れには対応)。
部分一致は、登録したKWが検索語句に含まれていたら反応します。

一覧表にすると、下の図のようになります。
スクリーンショット 2018-07-16 17.59.24

以上で今回の内容を終わります。
次回以降はTDとKWをみんなで実際に考えていきます。
これからも頑張っていきましょう!

合わせて読みたい