2018年04月09日
281 Views

Unitusメンバー”りさごん”の正体に迫る—Unitusメンバーインタビュー特集③—

タグ:
インタビュー

———今回は謎の団体と実しやかに囁かれているUnitusのメンバーに、素敵な女性エンジニアがいるという噂を聞きつけ、彼女の素顔を探っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします。

———お名前と学年と学科を教えてください。

青木 里紗と申します。東京理科大学理学部第一部応用化学科の3年生です。

———あだ名などはありますか。

りさごんってみんなには呼ばれています。由来は不明なんですけど中学の時から呼ばれています。

———由来不明のあだ名はあるあるですね。早速なのですが、りさごんさんは普段大学ではどのようなことをされているのですか。

一般的な理系大学生と同じで、授業・実験・レポートの繰り返しですね。新学期になってまたレポートに追われる毎日になるので、気合いを入れていきたいと思います。

———やっぱりレポートは大変なんですか。

毎週実験があって、実験ごとにレポートを書かなければいけないので、レポートを書き終わってもまたすぐに次のレポートに取り掛からなければいけないですね。しかも、一回のレポートがA4の用紙10枚程度なのでとても大変です。特に1年の後期は手書き指定だったのでさらに大変でした。

———それは大変ですね、考えただけでも腕が腱鞘炎になりそうです。そんなりさごんさんは高校時代どんな学生でしたか。

とにかくスイカが好きな高校生でした。部活は化学部と手芸部に入っていました。手芸部時代に作った筆箱はまだ使っています。2年生の時は生徒会書記長になって印刷機の管理などをやっていました。

———聞いたところによるとりさごんさんは女子校出身と聞いたのですが、男子の多い理科大だと大変なことはありますか。

実は中高一貫で、6年間女子校で少し不安だったのですが、私の学科は女の子が多いので安心しました。Unitusは男子が多めなので、最初の方は男子と話すのに緊張しました。IMG_0330

———話は変わりますが、どうしてUnitusに入ろうと思ったのですか。

もともと、プログラミングやロボットを作るようなサークルに入りたかったんです。そういう系統で情報収集をしていていたら、たまたまTwittrerでUnitusを見つけました。UnitusはITの技術を使ってサービスを世の中に出してそれを回していくのが目標だと聞き、今まで私が考えたことをないようなことをしていて面白そうだなと思って入ることを決めました。

———なるほど。入学前からプログラミングに興味があったんですね。

パソコンを触るのはそもそも割と好きでした。高3の時に情報の授業で『HP(ホームページ)を作ってみよう』という内容があって、その時に興味を持ち始めました。

———Unitusでどんな活動をしてきましたか。

1年生の夏くらいまでは先輩に教えてもらったり自己紹介HPを作ったりしながら勉強していて。そのあとはUnitusの組織概要ページ作りをしたり、プロジェクトに参加してたりしていました。また、ハッカソンに挑戦もしましたね。最近だと、(株)Shinonomeの自社サービスの開発のお手伝い、志賀高原の活性化プロジェクト、LT会(プレゼン大会)の企画・運営をやっています。

———いろいろなことをたくさんやっていますね(笑)その中で一番楽しかったことはありますか?

一番と言われると難しいんですけど、自分で作っているものが形になると凄く達成感があって、こういう楽しさもあるんだなと初めて知りました。

締め切りに追われたりすると大変なんですけど、モノを作っているときが1番楽しかったなあと思います。

———他にUnitusで得たものはありますか。

 基本となる技術だったり、その勉強のやり方だったりはとてもためになりました。あと、人に使ってもらうためにモノを作るのって楽しいんだと思いました。でもやっぱり、素敵な仲間たちに出会えたのが1番良かったです。

———Unitusの上級生ってどんな人がいますか?

Unitusのみんなは、将来のことや自分の目標についてよく考えていて、その目標のためにいろんな行動を起こしたりしていてすごいなと思います。見習わなきゃって思ってます。

———ちなみに、インタビュアーはどんな人ですか。

責任感が強くて、場を盛り上げるムードメーカーだなと思ってます…

ちょっとチャラいけど。IMG_0442

———いや、とても真面目ですよ(笑)。そんな色の強いUnitusメンバーですけど、女性メンバーって何人くらいいるんですか。

10人ちょっとですかね。この前志賀高原に合宿に行った時は女子部屋で女子トークをして楽しかったです。

 

———Unitusに興味がある人に一言ありますか。

Unitusの理念に共感してくれて、一緒にやってみたいという人なら大歓迎です。女の子の部員募集中です!!

一緒にモノ作り、サービス作りをしていきましょう!

———最後になるのですが、これからチャレンジしたいことや将来の目標について教えていただけますか。

開発として関わっているサービスをより良くして大勢の人に使われるものにしたいです。あとは、志賀高原の活性化プロジェクトが始まったのでそれを成功させたいと思っています。その活動を通して、もっと技術を磨いて、将来的には何か作りたいものがあった時にIT技術を用いて作れる化学屋になりたいです。

———将来の目標に向けて高い志を感じました。今回のインタビューはここまでになります。ありがとうございました!

合わせて読みたい