2016年09月30日
1448 Views

[動画付き] No.4 小田桐有香さんにインタビュー Unitus × ミス理科大コンテスト2016

タグ:
ミス理科大
小田桐有香

Unitusblog MissMr.ページ

エントリーNo.4 小田桐有香さんにインタビュー!

Unitus:本日はよろしくお願いします。
小田桐:よろしくお願いします。

Unitus:それでは簡単に自己紹介をお願いします!
小田桐:経営学部経営学科1年の小田桐有香です。

Unitus:ミスコンのインタビューを拝見したのですが、所属サ―クルがバレ―ボ―ルサ―クルですか?
小田桐:あっ、そうです!

Unitus:バレ―ボ―ル以外にはなにかされていますか?
小田桐:いや、最初は入っていたんですけど、やっぱり結構忙しく、結局辞めてしまいました。久喜にキャンパスがあった時のバレ―ボ―ル部に入っています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-08-31-2-34-09

スポンサーリンク

Unitus:毎日楽しく活動されてる感じですか?
小田桐:はい!楽しくやってます。

Unitus:アルバイトは既には始めましたか?
小田桐:はい!5月からはじめました。

Unitus:初めて2,3か月くらいですか?
小田桐:そのぐらいですね。

Unitus:どれくらいの頻度で働いているんですか?
小田桐:週2,3日ですね。でも夏休みに入ってから高校の友達とかみんな帰省してくるんですよ。それに、大学の友達が帰省する前に遊んだりしてたから全然バイトはしていないです。テスト前とか全然やってないんですよ。

Unitus:テスト前だと大変ですよね。大学で初めてのテストは大変でしたか?
小田桐:そうですね、ミクロ経済学という科目は中間テストが良かったのでいけるかなって思ってたらいけなくて…なめてました。

Unitus:今後気を引き締めないといけないですね。
小田桐:そうですね。もう絶対気を抜かないようにして絶対取りに行きます。再履は辛いですからね。

Unitus:ミスコンに参加したきっかけは何ですか?ミスコン担当の方にスカウトしていただいたと聞きましたが?
小田桐:そうですね。ミスになるとTwitterとかやるじゃないですか?
私はあまりマメじゃないし、絵文字とかもそんなに使わないんです。
だから絶対向いてないって思って、それで「ごめんなさい。」と言って断ってたんです。
でもミスタ―の担当の方にも誘われて、あまりに押しが強かったので、「じゃあお話だけ」ということで、聞きました。

Unitus:それで参加しようと決めたんですか?
小田桐:はい、それでどうせなら頑張ってみようかなと思って。

Unitus:先ほどtwitterの話があったんですが、結構twitterもやってらっしゃって、見ていたんですがすごい頑張っていますね。
小田桐:頑張ってます!絵文字をたくさん使ってるんですよ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-08-31-2-34-35

Unitus:1年生でミスコン出るとなると、勉強との両立が大変だと思いますが、実際どうですか?
小田桐:そうですね。2年生になっていないのでわからないんですけど、授業が後期になると少なくなるから、前期より楽だとは思いますね。大丈夫です。頑張ってます。

Unitus:ミスの活動は楽しいですか?
小田桐:楽しいです。理科大の他のファイナリストの人たちとジャンプしている写真を撮ってみたり、いろいろやっているとすごい楽しいなと思いますね。

Unitus:参加してよかったなと思いますか?
小田桐:はい、思います。知り合いが増えますね。あとあんまりメイクとかファッションとかに興味がなくて、前は学校にすっぴんで来るノリだったんです(笑)
でも最近ちゃんとするようになって、自分のためにはなったかなって思いますね。

Unitus:ミスになってちょっと変わったと感じますか?
小田桐:ちょっと成長したかなって思います。

Unitus:特技の方で楽器というのがあるのですが、小さい頃からやっていたんですか?
小田桐:フル―トは小学校の時の部活で始まって、高校までやってたので10年ぐらいはやっていました。
あとピアノも小3から高2くらいまでやっていましたね。

Unitus:中高とずっと吹奏楽部に入って活動していたんですか?
小田桐:そうですね。バリバリやってました。

Unitus:フルート以外をやったことはあるんですか?
小田桐:
小学校の時はフル―トを吹いていたんですけど、中学校に入学した時に、なぜか間違えちゃって、トロンボ―ンに入っちゃったんです。それで一時期トロンボ―ンをやっていたので一回フル―トやってない時期がありました。金管と木管で全然違うんですよ。

Unitus:そんなに違うんですか??
小田桐:そうですね。金管を一時期やったから、木管のクラリネットとかが吹けなくなって、その代わりにホルンが吹けるようになったということがありました。
謎の現象が起きて(笑) 吹ける楽器の幅が増えたからまあいいのかなという感じです(笑)

Unitus:フルートは肺活量が必要と聞いたことがありますが本当ですか?
小田桐:そうですね。
吹いた息の8割方を外に出してるんです。
チューバの次か同じぐらいに肺活量がいるらしくて、部活やってた時、私、腹筋割れてたんですよ(笑)

Unitus:腹筋がですか?
小田桐:そう。腹筋が割れちゃって。やばい、女の子としてどうなんだろ。どうしようと思って(笑)

Unitus:今はもう割れてないんですか?
小田桐:もうやめちゃったんでぷよぷよですね(笑) もうダメです(笑)

Unitus:吹奏楽でも割れることはあるんですね。

小田桐:ありますね、でも私の体質もあったとは思うんです。

スポンサーリンク

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-08-31-2-34-20

Unitus:すごく面白いと思ったのは、無人島にひとつだけ持っていくものミスコレインタビューで「ナイフ」と書いてあってびっくりしました(笑)あれはどういうことですか?
小田桐:その質問は難しいなと思って(笑) 友達と考えてはいて、最初「マッチ」になったんです。でもナイフがあれば、「木を切って、こすりあわせれば摩擦で火を起こせる!」という話をしてました。

Unitus:それでナイフになったんですね。
小田桐:現実的に生き延びることを考えてたんです(笑)
いかにして生き延びるかをリアルに頑張って考えました。

Unitus:そうなんですね(笑) 出身についてお聞きしたいのですが出身はどちらですか?
小田桐:出身は東京で、今は我孫子に住んでいます。

Unitus:毎日電車通学ですか?
小田桐:そうですね。1時間と少しぐらいですかね。
でも千代田線が始発に近いんですよ。だからずっと座りっぱなしです。

Unitus:東京の大学はどうですか?
小田桐:やっぱりキラキラしてますよね!高校が茨城だったんで差がすごいです(笑)
新宿行ったんですけど昼間のように明るくてゴジラいるし、ほんとびっくりしました(笑)

Unitus:東京来て一番良かったことはありますか?
小田桐:今までは千円ぐらいかかるからあんまり来たことなったんですよ。
だから東京の学校に来て良かったのは、巷で有名な渋谷とか原宿に行きやすくなったことがすごく嬉しいです!

Unitus:結構行く機会多いんですか?
小田桐:いや、何していいか分からないので、結局あんまり行かないですね(笑)
行きやすいなというお得感があります。

smile

Unitus:今日はありがとうございました。
小田桐:はい、ありがとうございました。

Miss Rikadai Contesst 2016:小田桐有香さんプロフィール

Miss Rikadai Contest 2016:投票ページ

小田桐有香さんTwitter公式アカウント

スポンサーリンク

合わせて読みたい