2018年09月21日
54 Views

Photoshop 丸の大きさで光と影を表現した水玉風ロゴの作り方

タグ:
Photoshop

今回は、このマークをPhotoshopを使った作り方を紹介したいと思います。
このマークは見た感じでは簡単そうですが、作り方を調べるのにだいぶ手こずってすまったので、この記事を見てお役に立てれば嬉しいです。
誰でもできるように事細かに書いたのでPhotoshop触ったことない人にもできるのではないかと思います。 PhotoshopのバージョンはCS5なので若干仕様が違うかもしれませんので注意してください。

手順

1. グラデーションの円を作る

  • [グラデーションツール]を選択
  • 左上のグラデーションの丸いタイプを選択
  • 右上になる逆方向の[チェックボックス]にチェックを入れる
  • 中心からはじに線を引く(黒色のグラデーションにする)
  • [楕円選択ツール]を選択
  • 正円を描く [shift]
  • いい感じに右上に光がくるように選択するグラデーションと楕円選択
  • 上のメニューバーにある[ウィンドウ] → [レイヤー]を選択しレイヤーウィンドウを出す (F7)
  • レイヤーウィンドウの右下のアイコンの[レイヤーマスクを追加]を押す
  • 完成!グラデーションの円

参考:TechAcademyマガジン

tips

中心点を固定して円のサイズを変える:option(alt)を押しながらドラッグする。

過去の操作履歴に戻る:上のメニューバーにあるウィンドウ → ヒストリー で ヒストリーウィンドウを出して戻りたい操作履歴を選択する。

2. グラデーションの円を水玉模様に加工

  • レイヤーウィンドウから[背景]を消去
  • グラデーションの円のあるレイヤーを選択
  • 上のメニューバーにある[レイヤー] → [新規] → [レイヤーから背景へ] を選択レイヤーから背景へ
  • 上のメニューバーにある[フィルター] → [ピクセレート] → [カラーハーフトーン] を選択
  • 最大半径[8]pixel 全てのチャンネルを[45] にして OKを選択カラーハーフトーン詳細設定
  • 完成!!黒の水玉!!

参考:プログラミング生放送

3. 水玉を切り抜きして色を付ける

  • レイヤーウィンドウから[背景]を選択
  • その上で[右クリック]を押す
  • [背景からレイヤーへ]を選択
  • その[レイヤー]を選択
  • レイヤーウィンドウの右下のアイコンの中の[レイヤーマスクを追加]を押す
  • 上のメニューバーにある[選択範囲] → [全てを選択を押す] (command + A)
  • 上のメニューバーにある[編集] → [コピー]を押す (command + C)
  • レイヤーウィンドウのレイヤーの中に追加したマスクを[option(alt)]を押しながら選択
  • 上のメニューバーにある[編集] → [ペーストを押す] (command + V)
  • 上のメニューバーにある[イメージ] → [色調補正] → [階調の反転] (command + I)階調の反転
  • そのレイヤーのマスクの本体に戻る
  • 水玉以外が切り抜きされている
  • レイヤーウィンドウからそのレイヤーの上で[右クリック]を押す
  • [レイヤーの効果]を選択
  • [カラーオーバーレイ]を選択
  • 色を選択
  • 完成!!!完成!!!

    最後に

    時間をかけて水玉を作ったけれど、今回の場合は元となる水玉のロゴがあったため、Illustratorを使って元のロゴを透かしながら、水玉を円を使って描けばもっと早くできたのではと気づいてしまった… しかし、この経験は今後どこかで役に立つ日が来ると思うのでポジティブにいきたいと思います。 長時間Photoshopを触っているだけで、新しい発見があるのでいい経験だったのではないかと思います。 もし難しそうなことを頼まれても、とりあえず挑戦してみる。そしてそれを一生懸命取り組むことで自分のスキルになっていくのだと思います。

合わせて読みたい