2018年04月04日
336 Views

現在はインターンでも活動中!Unitusのエンジニア代表格!—Unitusメンバーインタビュー特集①—

タグ:
インタビュー

Unitus2年目が始まった昨年の4月、他の誰よりもオフィスにやってくる1年生が居ました。あれから1年、今回は2年生になった彼にお話を聞きたいと思います。

———これからインタビューを始めます。よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

———まず自己紹介をお願いします。

東京理科大学経営学部ビジネスエコノミクス学科2年の長田卓馬(おさだたくま)です。今はUnitusの活動に参加しつつ、エンジニアとしてインターンに行っています。

———ありがとうございます。早速質問なのですが、これまでにUnitusでどのような活動を行ってきましたか?

Unitusに入った当初は、先輩方からプログラミングやエンジニアに関する基礎的な知識を色々教わりました。その後、インターンに行ってエンジニアとして活動していた先輩からインターンの紹介を受けたので、そちらにも行きつつUnitusの活動にも参加している感じです。現在の活動内容として、進行中のプロジェクトにエンジニアとして関わっています。

———とても忙しそうですね。実際にプロジェクトに関わってみて何か感じたことはありますか?

個人でプログラミングを行なってモノを作っていた時と違って、プロジェクトとなると仲間との様々な対話が必要に感じました。それに、「こういうモノって使ってる側からしたらどう思うんだろう」って常に考えなければならないし、一緒に開発する仲間に対していかに開発しやすい環境を作っていくかなども考える必要がありましたね。それらを考えなかった場合、開発に対して余計に時間が掛かってしまったりだとか、モチベーションの低下などを予想していたからです。

IMG_1000

———考えるべきことが多くて頭を抱えそうですね。

すごい大事だと僕は考えているので仕方のないことだと思います(笑)

———なるほど(笑) それでは次の質問なのですが、先程インターンにも行っていると言っていましたが、そちらではどのようなことをしていますか?

最初は先輩に教わりながら、RailsというRubyのフレームワークを用いて開発をしていたのですが、最近はポルトガル人のエンジニアの方が入社してくださって、その方に色々マンツーマンで教わりながら、勉強させていただいている感じです。

———ポルトガル人の方とマンツーマンですか!? つまり最近はインターン先では日本語を喋る機会は少なくなっている感じですか?

そうですね。自分のインターン先におけるエンジニアは、オフィスにいるポルトガル人の方とベトナムに滞在している5人のエンジニアの方々を指します。その方々と協力しながら開発するので、会議の時間や業務の管理などをしているアプリ上では英語が飛び交っているという状況ですね。

———外国人ばかり!?語学力が向上しそうですね(笑) そのような環境にいる長田さんの英語力にも驚きです!

いやいや(笑) でも英語に対してはあまり苦手意識は無いです。

———それは何故ですか?

実は小学2年生から中学2年生までオランダに住んでいたので、その海外に居た経験が活きているんじゃないかなって思っています。海外に行っていた経験が無かったら、多分病んでました(笑)

———帰国子女だったんですか! その経験がとても活かされていて運命を感じますね。

海外に住むという経験は自分の中では他にも色々役立っています。自然なコミュニケーションは日常的だったので人前で話すことにもあまり抵抗は無く、リーダーシップをとれるようになったと感じていますし、普段出来ない経験を積めたことは何かを考える時の価値観にも非常に良い影響を与えてくれたと思っています。

———なるほど、自ら経験を積もうとするのも大事ですね。ありがとうございます。ここでUnitusに関する質問なのですが、お話を聞いているとUnitus内の人間関係は良さそうですね?

仲は良い方だと思います。と言っても、”友人”としてではなく何かを一緒に作り上げる”仲間”として仲が良いって感じですね(笑) それはプロジェクトなどの活動を通して一緒に何かを成し遂げ、信頼関係を育めるUnitusという場所だからこそだと思います。

IMG_1001

———なるほど。今後Unitusに入りたいと考えている方々にとっては魅力溢れる回答になったと思います(笑) それでは最後に、Unitusに興味を持っている方々に向けて、一言お願いします。

Unitusという団体は、自分にやりたいことがあって、一人だけでなく誰かとも共に何かを作りたいと考えている人に向いていると思います。もしUnitusに入りたいという気持ちが皆さんにあれば、まず始めに『自分は何がしたいのか』を考えてみることをお勧めします!それが明らかになった時にUnitusという団体が自分に適していて入りたいと思えたなら、是非入ってほしいなと思います!

———Unitusに所属していて様々な活動を行っているメンバーも自分のやりたいことや分野などがはっきりしている印象が強いですからね(笑)
アツいメッセージをありがとうございます!今回のインタビューはここまでとなります。ありがとうございました!

ありがとうございました!

合わせて読みたい