2017年10月19日
166 Views

[動画付き] No.1 角田圭佑さんにインタビュー Unitus × ミスター理科大コンテスト2017

タグ:
角田圭佑
ミスター理科大

エントリーNo.1 角田圭佑さんにインタビュー!

Unitus:ミスミスターとUnitusのコラボ企画ということでインタビュー始めさせていただきます。よろしくお願いします。

角田:よろしくお願いします。

Unitus:まず自己紹介をお願いします。

角田:理工学部情報科学科3年の角田圭佑です。

Unitus:情報科学科はどのようなことを勉強していますか?

角田:基礎では数学ばかりやっていました。3年生になってやっと、パソコンの授業が増えましたね。

Unitis:角田さんは普段パソコンを触っていますか?

角田:子どものころから好きで触っていました。オンラインゲームといった遊びしかしていないですね。

スクリーンショット 2017-10-18 14.40.45

Unitus:ブラインドタッチはできますか?

角田:そうですね、小学校4年生か5年生くらいで速度の検定の1級に合格しました。今はもう遅くなってしまいましたね。

Unitus:その年齢で1級はすごいですね!僕もその年齢でとりたかったです。

角田:そんなに大したことないです。ありがとうございます。

Unitus:次の質問ですが、授業科目の中で1番好きな科目はなんですか?

角田:やっぱりパソコンの授業ですね。実習が好きです。プログラミングがあまりできないですけど(笑)

Unitus:プログラミングは難しいそうですね。 角田さんは勉強が好きですか?

角田:好きではないですね。やり始めたら頑張れる感じです。勉強をやり始めるまでが大変です。

Unitus:とても大変ですよね、僕も共感です!
次の質問なのですが、将来の夢や目標はありますか?

角田:システムエンジニアでもいいですが、ITコンサルタントを目指しています。

Unitus:ITコンサルタントはどんな仕事なんですか?

角田:そうですね、IT系のことをやりますが、そこに営業もするようなイメージです。そのプロジェクトのリーダーポジションになることを目指しています。

Unitus:かっこいいですね、今はそのための勉強をされていますか?

角田:全然していないです。これから勉強します(笑)

スクリーンショット 2017-10-18 14.39.41

Unitus:勉強頑張ってください!応援しています!
次の質問にいきますが、角田さんの出身地はどこですか?

角田:福岡出身です。福岡生まれ、福岡育ちです。

Unitus:福岡なんですね!東京に住んでみてどう思いましたか?

角田:東京はやっぱり都会ですね。周りのみんなは流行りに敏感だから、ついていくのが大変です。

Unitus:福岡にしかないような習慣は、なにかありますか?

角田:方言ですね。方言は東京に来てから、かなりびっくりされますよ。

Unitus:例えばどんな方言がありますか?

角田:「なにしているの?」は「なんしよーと?」と言っています。「なんしよーとなんしよーと」と、僕がずっと言っていると、かなり馬鹿にされますね(笑)

Unitus:言葉の響きがかわいいですね(笑)   他によく使う方言はどんなのがありますか?

角田:よく使うのは「やけん」ですね。「だけど」という意味です。僕は語尾に「やけん」がつきますね。東京に来てから、方言を使うのが恥ずかしいなと思いますね。学校なら大丈夫ですが、行列に並んでるときに方言を使って、周りの人に聞かれたりすると恥ずかしいなと思います。

スクリーンショット 2017-10-18 14.39.52

スポンサーリンク

Unitus:方言が話のネタになるんですね! 他の人と話をしやすそうですね。

角田:そうですね。話のつかみはとてもいいです。

Unitus:僕は茨城県民なんですが、茨城の方言はどう思いますか?

角田:あんまり聞いたことないですけど、友達が家で語尾に「ぺっぺ、ぺっぺ」と言ってるのを聞いて、馬鹿にしていますよ。いつもされる側ですから(笑)

Unitus:語尾に「だっぺ」だと僕も使いますよ!方言の違いはとても面白いですね(笑)
次の質問ですが、福岡で過ごした中高時代の学生生活はどうでしたか?

角田:テニス部でしたが、部活しかしていないです。

Unitus:角田さんの学校のテニス部は強豪校ですか?

角田:そんなに強くはないです。でも自分なりに頑張っていました。東京に来てから、勤めているバイト先に高校生が入ってくると、東京の高校生はバイトするんだと思って、びっくりしましたね。
Unitus:どんなアルバイトをしていますか?

角田:居酒屋です。2年くらいやっているのでもう慣れちゃったんですけど、最初はめっちゃ大変でした。

Unitus:最初は覚えることが多くて大変ですよね。
続いて、大学受験で一番記憶に残っていることは何ですか?

角田:僕は1浪なんですが、そのときの1年間の記憶がとても濃いですね。もうずっと勉強していました。もともと頭が悪かったので、その1年間で遊んだ日はそんなにないですね。

Unitus:1年間、目標に向かって頑張ってきたんですね。すごいです、尊敬します。
角田さんは、理科大に入学した理由はありますか?

角田:前向きな理由はあまりないですね。あまり学力が伸びない段階でレベルが高い国立を受けましたが駄目でした。

スクリーンショット 2017-10-18 14.39.47

Unitus:国立を受けようと志すだけで、僕にとってはすごいなと思いますよ。

角田:そんなことないですよ。ありがとうございます。

Unitus:次の質問ですが、ミスターの活動を実際にしてみてどうですか?

角田:なかなか活動に参加できてなくて、あまり実感がないですね。野田キャンパスなら、友達もそれなりに声かけてくれるので実感あるんですが、それ以外の場所だと実感ないですね。

Unitus:メインが野田キャンパスだと、他のキャンパスでは友達が少ないですよね。

角田:そうなんです。あとは、Twitterの投稿を頑張るようにしてるんですが、几帳面な性格ではないから上手く活動できてないな、と自分なりに思っています。

Unitus:投稿を見ていて、Twitterのネタ作りが大変そうだなと思いますね。

角田:本当に大変ですね。でも、おかげで写真撮る習慣がつきました(笑)

Unitus:そうですね。これからの活動も応援しているので頑張ってください!
次の質問ですが、大学生活は充実していますか?

角田:充実しています。大学ではテニスサークルに入っていたんですけど、今年の夏で引退したから、これから充実するかまだわからないですね。

Unitus:もう引退なんですね。これからはどうする予定ですか?

角田:とりあえずですが、インターンを申し込んでいるから、インターンがメインになるのかなと思っています。受かってみないとわからないです(笑)

Unitus:少しずつ就活にシフトしていく感じになりそうですね!頑張ってください!

角田:ありがとうございます。

Unitus:次の質問にいきますが、ミスター理科大コンテストの活動と単位取得の両立は順調ですか?

角田:前期で少し落としてしまったものがありますが、今までの貯金がなくなっただけなので大丈夫だと思います(笑)

スクリーンショット 2017-10-18 14.41.05

Unitus:頑張った甲斐がありますね!
最後の質問になりますが、大学生活で今まで楽しかったことはなんですか?

角田:サークル活動ですね。活動頻度は週1なんですがサークル活動ばかりしていました。上下が院生まで一緒に遊んだりしてくださるので、自分たちが先輩にかわいがられたり、自分たちが先輩になっても後輩かわいがったりする文化があります。

Unitus:院生までいるんですね!とてもアットホームな雰囲気が楽しそうなサークルですね。

角田:そうですね、入ってよかったなと思います。

Unitus:大学生活とミスター理科大コンテストの活動がどちらも充実しているようで、聞いているこちらも楽しかったです。僕たちUnitusもこれからの活動を応援しているので頑張ってください。インタビュー終わりにします。
ありがとうございました。

角田:ありがとうございました。

角田圭佑さん: Twitter公式アカウント

スポンサーリンク

合わせて読みたい