2016年06月29日
512 Views

Googleのイベントに参加してみた!

タグ:
Android
Google
アイデアソン

最近は忙しさを言い訳に、なかなか銭湯に行けておりません。ムライです。
今週は比較的時間もあるので、また銭湯に行こうと思います。

Googleのイベントに参加してみた!

さて、今回は6月18日(日)に六本木の森ビル内にあるGoogle本社で開催された、Google Android Experiments OBJECT university student DAYという学生イベントにUnitusメンバー6名で参加してきました!

これは今年から始まるGoogle Android Experiments OBJECTというアイデアコンテストに先立って行われた学生イベントです。
小難しそうに聞こえるかもしれませんが、そんなことはありません!
Google MapやAndroidをはじめとするGoogleのサービスを使って、毎日をもっと楽しく、便利にする。そんなスマートフォンとは別の、新しいデバイスのアイデアを提案するというイベントです。

なんとこのアイデアがアイデアコンテストの最終選考を通過すると、Google大先生のサポートのもとで実際に提案したデバイスを開発することができます!技術がなくても専門の方々に助けて頂ける上に、500万円まで支援して頂けるとのこと
今回の学生イベントは、入賞したチームをアイデアコンテストに推薦して頂ける、という目的で開催されました。
プログラミングを勉強している身として、第一線で活動している方たちから意見を頂ける機会は良い経験になると思いましたし、しかもGoogleの本社に実際に突撃できる機会などそうそうあるものではない!

ということで、実際に突撃してきました。

Google社内①

森ビルの30階にある、Googleの食堂でのイベント。都心を見下ろす景色は、まさに壮観です…

Google社内②
今回の事前イベントは学生団体のみの参加ということで、関東圏の学生がアイデアを競いました。
僕たちUnitusは今回は残念ながら入賞することはできませんでした…。それでも、周りの他大学のチームから凄まじい刺激を得て帰ってくることができました!

ちなみに、入賞したチームのアイデアは以下のようなものがありました。

  • 駅の地図をGoogle Mapと連携させる
  • 振動で道案内してくれるブレスレット
    *自分で組み立てるスマートブロック(ハイスペックなレゴみたいなもの)
  • フォトプロップス

入賞したチームは、ひとりひとりGoogleから『Chromecast』がプレゼントされました。う、羨ましい…

それぞれのアイデアの詳しい説明は割愛させていただきますが、入賞したチームの他にも面白いアイデアがたくさんありました。

僕たちが考えたアイデアについては、本番のアイデアコンテストのレビュー記事で紹介しようと思います。お楽しみに!

実際に参加して感じたこと

これは個人的な意見ですが、実際にアイデアを出してみると

  • 技術的に難しい
  • アイデアが既出
  • 思っていたよりメリットや面白さがない

などの壁とぶつかって、時にはそのアイデアがボツになることもあります。しかし、アイデアがボツになることは無意味なことではないと思っています。多くのアイデアを産んでこそ良いアイデアが浮かぶ、ということもあると言われていますし、「量は質の母」という言葉もあります!それに、アイデアを実現するために既存の技術が進歩することがあるかもしれません。僕も良いアイデアを生み出すために、とにかく多くのアイデアを考えていこうと思います。

また、実際にアイデアを形にしてみることの大切さを改めて認識しました。
他のグループで提案されていたアイデアの中には、僕も思いついていたものもありました。しかし、実際に「モノ」として完成したものと「アイデア」で終わるものとの間には絶対的な壁があります。これからはアイデアだけでは終わらず、実際にモノを作れるように勉強を重ねていきたいと思います!

実際に参加してみたい方へ

僕たちUnitusも、もう一度本イベントに一般枠で応募し、再挑戦していきます!
このイベントは誰でも参加・応募できるイベントです。応募締め切りは7月5日。皆さんもここから応募できます!

詳細はここから見ることができます!

興味はあるけれど、一人で参加するのはちょっと…という皆さん。そんな時こそ、ぜひUnitusのオフィスに顔を出してみてください!一緒にGoogleに行きましょう😊

皆さんと、銭湯でアイデアを語り合える日を楽しみにしています。

合わせて読みたい