2016年08月08日
1328 Views

大学デビューしてみたっ

タグ:
ファッション
ライフスタイル
経営学部

大学1年生のみなさん、大学生としての新生活には慣れましたか??
友達や知り合いも増え、だんだん楽しくなってきた頃かと思います。
長く辛い受験勉強を終えやっと手にした大学生活…

今しかできない事をやってみたい。
自分の殻を打ち破りたい。
友達がたくさん欲しい。

そう思っているあなたはチャンスです。
自分を変えるきっかけの

「大学デビュー」

大学デビュー
読み方:だいがくデビュー
高校の頃は、それほどクラスで目立たない存在だった人が、大学に入って、主に友達が多く、異性にモテるような、充実したキャンパスライフを送りたいという気持ちから、見た目や言動を大きく変化させることを意味して用いられる語。 (Weblio 実用日本語表現辞典 より)

では、せっかくなので私も。

大学デビューしてみた!!

今回はイケてる大学生になるべく、人生初染髪に挑みました。
髪の染め方と常識について紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

準備するもの
・ハケ
・ケープ(マント)
・汚れても良いタオル
・ビニール手袋
・ワセリン

脱色しよう

日本人の黒髪はメラニン色素が濃く、青や紫などの寒色系・アッシュ系の色は染まりにくいです。(これは、それらの色は粒子が大きく髪の内部に色が入りにくいからだそうです。)そのため、私たちが発色の良い染髪をしたいという時には、ブリーチという工程が必要になります。
このブリーチとは、脱色とも言われ、簡単に言うと、日本人の髪の濃い黒色を取り除く作業になります。
汚れても良いタオルを首に巻いて、
その上にケープを着て、
髪を梳かして、濡らして、手袋をはめて…

…脱色

s_IMG_0962 (1)
うわぁ、ヤンチャそう。。。
コツは、あらかじめ軽く髪を濡らしておく事と、染める前に顔や首など、
汚れたくない場所にワセリンを塗っておく事。
特に首の後ろや耳などは、気づかないうちに「…染まってる⤵︎⤵︎」なんて事がよくあります。
あらかじめ、ワセリンを塗っておく事で、薬剤や染料が落としやすくなります。ちなみにワセリンは400円ほどで購入できます↓
ワセリンHG 大洋製薬

ブリーチ剤を塗布する時は、
ムラのないように、丁寧に丁寧に。
そして、根気良く粘り強く、気長に待ちましょう。決して焦ってはいけません。
写真はブリーチ1回です。

染めます

さて。何色に塗ろうかな…と。

染料をハケでのせて20分〜30分待ちます。
わくわく。
s_FullSizeRender
そして…完成!!
s_FullSizeRender (1)
大学デビューしちゃいました。

今回は紫色に染めてみました。
染料はカラーバターというトリートメントの一種を使用しました。
カラーバターは揮発性がなく、ラップなどで髪を覆わなくて良いので便利です。
時間をおいて髪に色を浸透させると、透明になるので、床や洗面台を汚さないという点もおすすめです。
s_IMG_0968

髪を染めてよかったこと

・知り合いが増える
・自分の好きな色に染められる
人に覚えてもらいやすくなる

髪を染める事のデメリット

・すぐ色が抜けてきてしまうので、染め直すのが面倒
・アルバイトなどの面接に受かりにくくなる

皆さんも、知りたい!やってみたい!の好奇心を大切に、
いろいろなことに挑戦してみてください!!

合わせて読みたい